20171004通常会議

後期の活動がはじまり忙しくなるのでしょうか。お初目にかかります。東北工業大学1年井馬輝清が担当させていただきます。

朝の冷え込みが厳しくなり、お布団からでたくない時期ですね。設計の課題を終わらせ一安心しているところでございます。油断したおかげで多方面のかたにご迷惑をおかけしています。ごようしゃください。

 

後期からの通常会議は18:30~ということもあり終わる時間も遅くになりました。このような流れでした。

  1. SHIMULIVE

2.後期活動決め

3.台湾ツアー報告会

4.各局mtg&進捗状況報告

5.諸連絡

 

はじめは、第7弾のSHIMULIVE。

ロンシャン聖堂、ブラウザークラウス野外礼拝堂など聞いたこともないような名前の建築の中にも唯一知っているものがありました。ユニテダビタシオン!ちょうど授業でル・コルビュジェをふれたときに集合住宅の例として出てきました。もし、授業で知った建築物を見てみたいと相談すれば代わりに見てきてくれるかも。

IMG_1767

 

 

次は、後期活動決め

 

後期なのでSDLに関するものが多くなりそうです。審査員勉強会はやります。焼き芋は芋煮会を楽しみにしていてください。ほかに多かったのがshort lectureで、できていないイラレ・フォトショの講習会やたくさん失敗をしているであろう先輩方に自分の経験を語っていただくものも検討中です。右側にある一見建築と関係なさそうなものもセンスを磨くと思えば面白そうです。ここに書いてありませんが最後にイスコンペという案がでました。有名な建築家の方たちも作っているイスに焦点をあてて、企画から製作までを行おうというものです。

 

IMG_1756

 

 

 

さらに、台湾ツアー報告会

台湾で開催されたIEAGDを満喫し、お土産の民族衣装を着て登場したのは初々しさが残る一年生。ですが、あまり緊張していないようにも見えます。

 

IMG_1766

 

いざ始まると、スマホ握りしめてハキハキと話す姿は将来有望ですよね。

IMG_1761

台湾に訪れる際には、かき氷、フルーツジュース、小籠包がおすすめだそうです。

 

 

報告後は、各局mtgで夏休み期間中にできなかった話に花を咲かせた後、それぞれの局の進捗状況を報告しました。少しづつ本番に近づいているのを感じます。

 

最後に、諸連絡

・メディアテイクでのアルバイトのお知らせ

11/3~12/24までの間に行われる展示会の警備員のお仕事です。メディアテイクが好きであったり長時間座っていても大丈夫な方へおすすめです。

 

長々とお付き合いいただきありがとうございました。濃い内容をいち早くお届けできずにすみません。誤字脱字等ありましたら教えていただけると助かります。次回は10月11に会えるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

広告

IEAGD&台北ツアー2017Part3

前回の更新からだいぶ経ってしまい申し訳ありません。前々回の続きのPart3を書きます。今回はアルバイトの18連続勤務を終え、休みだと思ったら再試に追われ、そしてまた15連勤の真最中で夏休みが終わりました、東北工大2年の小松拓斗が担当いたします。

では、さっそく本題に入りましょう!

8月6日の朝は地元のハンバーガー屋さんで朝食を済ませました。と言っても前日は食事会が終わって宿舎に帰ってからも、いろいろなことを語り合い、結局各自寝始めたのが2時くらいであったため、時間で言えば昼食に近かったですね。私は、メロンバーガーというのを食べました。メロンパンが好きだったので。味は想像にお任せします。メロンバーガー。2554.jpg

そしてそのまま、大会会場に向かいました。今日は、宜蘭(イーラン)観光です。GRATの皆さんが案内してくれました。大会出展者の方々も一緒でした。バスに乗り込む前に肉まんとお茶をいただきました。朝食食べてから、時間が経ってなかったこともあり、すぐには食べきれませんでしたね。美味しかったですが。お茶は甘かったですね。台湾は甘党な方が多いのでしょうか。

バスに乗り込み、いざ出発。20170806_170817_0004.jpg

最初に向かったのは、宜蘭の昔の領主さんのお墓だったようです。ものすごく高いところにあって、どこまで登るのかと思うほどでした。

下の写真は、登ってる途中です。空が近い。20170806_170817_0023.jpg

こんな高いところまできました。20170806_170817_0051.jpg

下のような建造物が立ち並んでいました。20170806_170817_0036.jpg

そしてみんなが立っている場所の下が領主さんのお墓のようでした。上に上がってから聞かされまして、「上がっていいの?」という感じでした。20170806_170817_0058.jpg

ちふみさん、凄いとこ座ってますね。私は絶対に無理です。20170806_170817_0321.jpg

次の場所に行く前に、ここに来るまでにあった形が独特の橋?を見に行きました。20170806_170817_0326.jpg20170806_170817_0323.jpg20170806_170817_0352.jpg形、面白いですよね。日陰、涼しくて気持ちいいんです。

次に、行ったのはお城跡の博物館だったと思います。特に入ったり写真撮ったりすることもなく、すぐ次に行きましたね。

次は、市役所的な場所でした。20170806_170817_0141.jpg

日当たりと、風通しを良くするために建物と建物を外付けの廊下でつなぐ。こういった型の建物が多いようです。淳史と探検すると、託児所のようなところや、なにやら楽しげな音が聞こえてくる部屋と、いろいろありました。外観からは、想像できませんね。20170806_170817_0148.jpg20170806_170817_0227.jpg20170806_170817_0232.jpg

市役所から伸びる橋が川の傍まで続いていました。この川の橋も観光対象だったようで見に行きました。20170806_170817_0171.jpg

下の写真の頭の上にある箱のようなものは、植木鉢で雨水で育てるように橋からパイプが伸びていました。まあ、雨水だけでバランスよく育つわけはなく、手入れもされていないようだったので、廃れた感じになっていましたが…。20170806_170817_0237.jpg

橋の下には、遊具がありました。20170806_170817_0205.jpg

椅子もあったりしてくつろげるようになってました。20170806_170817_0200.jpg

橋の下の下にも遊具があり、(言い方は変ですが正しいのです。)20170806_170817_0438_2.jpg橋は笑顔になれる場所ですね。

20170806_170817_0176.jpg

その後も、洒落た看板や20170806_170817_0127.jpg20170806_170817_0128.jpg

変わったものをみられました。20170806_170817_0133.jpg20170806_170817_0135.jpg

18時に観光を終えて、会場へ戻りました。

その後は、各個人で夕飯を食べ、明日に備えました。明日はいよいよ、九份観光。

とそのまえに、今回も写真をどーぞ。

20170806_170817_0052.jpg20170806_170817_0054.jpg20170806_170817_0116.jpg20170806_170817_0256.jpg20170806_170817_0235.jpg

次回はPart4、お楽しみに!今回は投稿が遅れ、誠に申し訳ありませんでした。重ねてお詫び申し上げます。最後までご覧いただきありがとうございます。では、また!

20170905-07 建築ツアー

 

今年の夏もそろそろ終わりを告げます。さみしいですね。

今回のブログは宮城学院女子大学2年千葉はるながお送りします。

今回、私たちは宮城県を飛び出して23日で石川県金沢市まで行って参りました。

 

1日目】

早めに仙台駅に集合。眠そうな目をしながらそれぞれの車に乗り込みます。

長い道のりでした。Image_d0c205fドライバーさん本当にお疲れ様でした!

 

途中、サービスエリアで美味しいものを食べたり。

 Image_2220b58

海を眺めたり。

 Image_9d32dcb

金沢駅に着いて、まず「金沢海みらい図書館」へ。

 Image_a01e14d

ここは堀場弘さん・工藤和美さん/シーラカンスKHが設計した図書館です。

高さ12m、平面45m×45mのシンプルな箱型です。一面を覆うドット柄の外壁が特徴的でした。 

内部は本が壁に並ばず、本と建築物を離すように置かれてあり、綺麗に棚が並んでいました。

 Image_d0044a1Image_34492a1

 ここで勉強をしたらはかどりそうです。みんなでパシャリ。

Image_dfe6f4dImage_02f10bf

その後は「金沢ビーンズ」へ行き、その後ホテルへ。

綺麗なお部屋。見つけてくれた幹事に感謝!!

 Image_984170d

 △1.2年ミヤガク(ダイ)女子会△

2日目】

2日目一発目は「石川県立美術館」へ。

 Image_e7e8650

こちらは谷口吉郎さん設計です。

わたしは展示されている絵の中で『交霊術・HARP』という作品に惹かれました。時も形も空気も、目に見えるもの、見えないものも全てを丸め込んだ創作者の心像をくみ取りながら、いろいろなことを考えさせられました。

 建築以外にも芸術に触れることも大事ですね

お次は「金沢21世紀美術館」へ。

 Image_c4a3f33

こちらはSANAA設計です。

円形で、五ヵ所の異なる方向に開く玄関があり、裏側の無い、どこから入ってもいい開放的なつくりになっています。有料の美術ゾーンが円形の真ん中に配して、無料の交流部分が外周部分に配してあり、多くの人が利用しやすい空間になっていました。

内部にある美術品でやはり、有名なのはこちら。

おかゆうさん本当に泳いでいるみたい。

 Image_d99da3a

レアンドロ・エルリッヒの『スイミング・プール』!

 Image_3ea87fdImage_0739bf0

まるで水中の中にいるようですね

上から見るか↓ 顔がぐにゃんぐにゃん

 Image_77399d3

下から見るか↓Image_1c6bb5c

 

光に溢れたお部屋もありました。

これがすべて集められたゴミで作られているのです。

 Image_139febdImage_8033261

 

ちひろ待望のブループラネットスカイ。

 Image_5dcfd82

見上げる扇さん。今回は残念ながら曇りでしたが、綺麗でした。圧倒されます

Image_32ffa0d

大沼カメラマンがこだわりを見せます

 Image_45ffaa8Image_d768cf7Image_4eca8daImage_ee9ba50Image_cd7529b

Image_cf4a554フォトジェニックで、いくらでも滞在できる素敵なところでした

 

その後は自由行動でした。

わたしたちは探索した後、兼六園へ。Image_ed8b35e

 Image_e79220c

 Image_8dd6c22

それぞれ楽しみました!

Image_d836445Image_2d8ebb2Image_26825bcImage_bcf9cfa

夜は金沢駅へ行く人も。

 Image_e4d3c46Image_e4e0359

この左右に建つ柱は「鼓門」と呼ばれる木造建築です。能楽の鼓をイメージした門構えになっているそうです。

その奥に見えるのが、もてなしドームと呼ばれるガラスとアルミ合金が使われたドームです。大きな傘がイメージされているそうです。駅を訪れた人みんなで相合傘をしているみたいですね。素敵です。 

3日目】

3日目朝から数人で海鮮丼を食べてきました。

どーーーん!早起きもしてみるものです。

 Image_ec2a7a2

ホテルチェックアウト後はみんなで金沢玉川図書館、ひがし茶屋街へ。

Image_41f9f6c

Image_75148f2

偉人が並んでいます。ん?

Image_50f240e

違和感がないですがこの中のひとりだけ生きています。誰でしょう

Image_32385e9Image_845fd83Image_67fac02

素敵な街並みです。金箔ソフトはインスタ映えしますね。

Image_f2fb71d

Image_9c39d60

Image_8c8a29eImage_6c892d7

ちふみさん。似合いすぎです。けんしくんももう完全にそういう人

こうして茶屋街を満喫した後、金沢を後にしました

Image_61c531eImage_e36c649

カッコイイ。SAにて。

Image_a796e2aImage_a25e157

こうして2泊3日の旅は終わりを告げました。

幹事の空瑠、光くん、拳士くん、本当にお疲れ様でした。

1,2,3年生でたくさんお話して、仲良くなれたと思います。

みなさんも是非金沢まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは、次回から後期の活動に入ります。

ブログ担当も世代交代、どんなおもしろいブログが更新されるのでしょう。お楽しみに。

 

 

 

20170828-29 キャンプ

皆さんお久しぶりです。どのような夏をお過ごしですか?例年よりもかなり寒くて毎日半袖を着るべきか長袖を着るべきか悩んでいる宮城学院女子大学2年の淺沼千裕が今回のブログを担当させていただきます。

今回はメディアテークを飛び出して、みちのく杜の湖畔公園へ行ってきました!

湖畔公園についたらすぐにBBQの開始です♪DSC_0029

IMG_8668

張り切って焼く先輩たち。

IMG_2439

IMG_2453

IMG_2444

無邪気に頬張る一年生たち。

IMG_8724

分厚いお肉やたくさんの野菜、さらにホタテやシイタケなど、かなり種類が豊富で大満足です☆

IMG_8748

デザートもありました!巨大マシュマロ!マシュマロ持ってうろうろしてるみんなの姿が、なんとも愛らしかったです(笑)

 

BBQの後は自由時間でした。

DSC_0041

サッカーしたり、

DSC_0048

木陰でガールズトークしたり、

IMG_8770

水鉄砲持って駆け回ったりと、各々自然を満喫しました。

 

外で思いっきり遊んだ後はコテージへ向かい、カレーコンペの準備です!

IMG_2523

普段は見れない家庭的な一面が見え隠れします。

IMG_6495

コンペ中!どのカレーもおいしくて甲乙つけがたいですね。

コンペの結果はこちら!

1位 夏野菜カレーとガーリックライス

2位 シチューカレーとパセリごはん

3位 8種のスパイスのバターチキンカレー

4位 オムカレー

5位 無水カレーとチーズ入りカツ

大変白熱した闘いとなりました。

 

おなか一杯食べた後は夜のお楽しみ、自由時間です。

IMG_8921

IMG_8920

学年関係なくゲームしたり語り合ったりと、和気あいあいとしていました。

IMG_8876

大人の雰囲気・・・。

朝を迎え、身支度を済ませたら湖畔公園にサヨナラバイバイです。

DSC_0095

名残惜しそうにシャボン玉を膨らますはるな。

 

このあとはメディアテークで解散となりました。いつもとは違った環境の中で、先輩も後輩も、男子も女子も、より仲を深められたのではないでしょうか?

私自身としては、会議メンバーとより仲良くなれた他に、二日間でアマガエルに4回も出会えたことがとても嬉しかったです。

 

次回のブログは、建築ツアーです!こちらもかなり濃い内容になると思います。乞うご期待!!

EFGG0634

それでは、今回幹事をしてくれた二人の最高の笑顔でお別れしたいと思います。サヨナラバイバイ!!

IEAGD&台北ツアー2017Part2

こんばんは。いやぁー、甲子園は熱いですね。育英は負けてしまいましたが、明日の決勝戦で栄光をつかむのは、広陵か花咲徳栄、果たしてどちらになるでしょうか。ひそか野球ファン、東北大2年菅原です。甲子園も熱々ですが、同じぐらい熱々だったのは台湾の気候です。お待たせしました、IEAGD&台北ツアー2017Part2をお送りいたします。

8月5日の朝、ホテルからカラッと晴れた台湾の街へ繰り出します。男組はホテルからちょっと歩いたところにあるマクドナルドで朝を済ませました。値段は、日本とそう変わらないかな。

IMG-8301

その後、IEAGDの会場である羅東文化工場という建物に到着。なかなかのビッグスケールです。斜めく総長114mのスカイギャラリーが、滑走路のようでかっこいいです。スカイギャラリーには、IEAGD出展者の建築模型が飾られていました。昨年度SDLで御馴染みの、「あの」模型もありましたよ。

20170804_170817_0221IMG-8300IMG-8305

さて、羅東文化工場を見学したあと、IEAGDを運営されているGRATのみなさんと合流。会場の設営で大忙しのなか、SDLメンバーにも時間を割いてくれました。さて、SSNAUとGRATの親睦を深めあうために、smtの清水保さんがワークショップを企画してくれました。題して、「土地を感じて描くワークショップ」です。

IMG-8292IMG-8315

このワークショップにはテーマが3つあります。1童心にかえって、2五感をフルに使い、3お互いの交流を深める、です。SSNAUメンバーは台湾という土地を訪れて感じたこと、冬のSDLに来てくれたことのあるGRATメンバーは仙台という土地を思いながら、難しいことは余所にほっぽいて、感じたまま思うままのイメージを紙に描いてゆきました。1分間の瞑想をし、所感を整理してからスケッチのペンを取りました。その後、両国の学生は、みんなのスケッチを巡覧しました。SSNAUメンバーのスケッチはバイクをイメージしたものが多くみられた一方、GRATのメンバーの中には仙台名物牛タンを描いてくれた人も。

IMG-8297IMG-8298

さて、スケッチは下書きと清書をし、最終的に仕上がったものをひとりひとり発表してゆきます。ここで初めて自己紹介。そして、お互いの土地から感じとった印象を話してゆきました。翻訳は、日本語が達者な張さんがやってくれました。他にも色々と、張さんには大助かりです。

IMG-8293IMG-8294

これにてワークショップは終了。たいへん楽しく交流が出来ました。ワークショップのあと、GRATの皆さんからタピオカとパイナップルケーキとゼリーを頂けました。時間はちょうどお昼時。とても美味しかったです。さて、お次はしばらく自由時間です。この間は、夜のグランドレビューを前にして行われる「PK戦」を観戦したり、美味しいものを食べたり、羅東の街を散策したりしました。PK戦とは、出展者が一対一で自分の作品をプレゼンテーションし、お互いの作品について理解し、質問も投げ合うというものです。PK戦というと闘いのようですが、これも交流を目的として行われているものです。僕は見ていないのですが、一年生はなにやらポケモンのパレードに出くわしたみたいです。

20170804_170817_0219IMG-8302IMG-8303

さて、いよいよIEAGDの目玉、グランドレビューの時間がやってまいりました。18時から23時まで、長きにわたる講評会のスタートです。立ち見客が出るほどの大勢集まったギャラリー。とにかく、野外ステージの前にはものすごい数の人が詰めかけていました。我々SDLのメンバーもご紹介にあずかり、緊張しながらも一人ずつ起立礼の挨拶をしました。

IMG-8304IMG-8310

11人の出展者が持ち時間10分でプレゼンテーションをし、そのあと審査員たちから鋭い質問が飛んでゆきます。僕たちは同時通訳用の機器とイヤホンを借りて、議論に目を見張りました。出展者のテーマは様々に違っていたけれど、卒業設計という集大成とだけあってそのクオリティーは圧巻。野外ステージには涼しい夜気が吹きこんで、講評会のテンションはずっと上昇を続けるまま。まさに、建築学科生にとっては至福のひと時でした。

IMG-8311 (1)IMG-8308 (1)

でもやっぱりお腹は空きますよね。ということで、ご飯に行きましょう!晩餐もGRATのメンバーたちとターンテーブルの中華料理を囲いました。一緒に食事をすることでワークショップのときから更に交流が深まりましたね。僕も恥ずかしい英語を使いながらなんとか建築について語らいましたが、とても貴重な時間を過ごせたと思います。みんなで食べるほど美味しいものはない、というやつでしたね。

IMG-8312IMG-8314IMG-8309

現地入りしてから2日目の台湾も満喫することができました!次回、Part3にもご期待ください。

IEAGD&台北ツアー2017Part1

こんにちは!今回のブログは台湾帰りの東北工大2年小松拓斗が担当いたします。

みなさん、夏休みはいかがお過ごしですか?私はしっかり帰省して野球して心身ともリフレッシュしました!と言いたいところですが、頑張りすぎて筋肉痛になり体が痛いです…。はしゃぎすぎないように気をつけて過ごしましょう!

前置きはこれくらいにしまして、本題に入りましょう!7月5日の通常会議にて紹介されたIEAGDを仙台建築都市学生会議の有志14人で見に行ってきました。そして今回は台北観光もしてきました!今回はその旅行記を書こうと思います。期間が8月3日から8月9日と長く内容も濃いためPart1からPart5に分けてお伝えします!Part1の今回は8月3日と8月4日です!

この旅行記はみなさんにとって、夏期休暇中最もexcitingなものになるでしょう。特に8、9日あたりは…。お楽しみに!さぁ、小籠包。

 

8月3日

内容が濃いと言っておいてあれですが、3日は移動日です。本当はみんなで4日に飛行機で直行だったようですが、パスポートを直前に取るというアホ(私のことです)がいたために、バスで東京経由していく組が出来てしまったようです。千史さんには頭が上がりません。

東京経由組は男子6人、女子2人、女子2人の3グループに分かれて仙台駅を23時頃に出発するバスでバスタ新宿に向かいました。夜行バスは意外と快適でした。

ごめんなさい。3日終了です。内容うっすいですね。写真すらありません。3日はいらなかったかな。ドンマイということで。

 

8月4日

夜行バスでバスタ新宿に着いたのは5時半頃でした。そこから、東京駅に向かい、東京駅からバスで成田空港に向かいました。ここで東京経由組全員集合です。9時25分成田空港発のチャイナエアラインCI107便に乗って桃園空港に向かいました。成田ではみんなに持ち検査で引っかかるんじゃないかと荷物整理を頑張っていましたね。20170804_170816_0200.jpg

私は飛行機初心者というわけではなかったですし、逆に結構乗ってる方だと思っていたのでしっかりとベルトをしたまま検査機を通り抜けたところ引っかかってしまいました。高を括るとダメですね。

 

桃園空港に着きました。よくわからないものが出迎えてくれました。20170804_170817_0204.jpg

オブジェクト的な何かですね。20170804_170817_0203.jpg

桃園空港から宜蘭(イーラン)にある会場に向かいました。宜蘭まではバスが出ていたので、バスに乗って向かいました。20170804_170817_0006.jpg

これがバスのチケットです。123元。日本円にして500円程ですね。まあ、私は値段よりもいかにもな点線があるのにそこを切るのか!と、気になって仕方がなかったですね。

バスを降りてからは、タクシーというう選択もありましたが歩いて向かいました。あ、書き忘れていましたが、台湾はとても暑かったです。このとき36度くらいです。盛ったかもしれませんが、確実に仙台よりは暑かったですよ。汗が止まらない。そんなこんなでたくさんのファミリーマート、セブンイレブンを通り過ぎて土地に親近感を覚えつつ、会場に到着しました。

こちらが大会会場です。20170804_170817_0221.jpg

すごいです(この語彙力のなさ、誰か叩いてください)。20170804_170817_0247.jpg

 

会場に着いた私たちは、少しの間PK戦を見て回りました。20170804_170817_0219.jpg

 

その後19時まで自由時間だったので、各々で行動しました。私は、三年生の皆さんと行動させていただきまして、かき氷を食べました。20170804_170817_0249.jpg

台湾のかき氷はふわふわで氷にも味がついてて美味しかったです!しかもこの量で50元(約200円程)。とても安い。2人で1個ずつ食べました。

その後、ベジタリアンのお店で夕食を食べました。丁度、このころ仙台から台湾直行組が桃園空港に向けて仙台を出発しました。

19時半から1階OSにて平田晃久さんによるレクチャーが始まりました。日本でも滅多にない貴重な経験でした。熱かったです。気温じゃないですよ。20170804_170817_0186.jpg

20170804_170817_0128.jpg

 

レクチャー終了後、本日泊まる夜市之家に向かいました。徒歩で行ける距離です。宿に着いてから11時までは自由時間となりました。仙台から台湾直行組も11時頃に宿に到着するからです。自由時間、ほとんどのメンバーは夜市に行きました。

夜市の入り口はファミリーマートでした。全家。20170804_170817_0102.jpg

通りはこんな感じです。物凄い賑わっていて、物凄い臭豆腐の香りです。

20170804_170817_0096.jpg

左からさとりさん、ちふみさん、しずかさん。タピオカですかね。タピオカでしょうね。

20170804_170817_0222.jpg

こうして、皆さん夜市を満喫しまして23時頃宿に戻り、程なくして仙台組も合流し1日目終了しました。こうしてみると、行ったメンバーの顔写ってるの少ないですね。1日目は…。

ということで

以下、オフショット

 

会場へ向かう道中ですね。20170804_170817_0060_0.jpg

 

飛行機搭乗前の列ですね。20170804_170817_0201.jpg

 

仙台組のフミヤさん。23時、来た時ですかね。疲れてたんですね。オチに使ってすいません。この方、のちに大活躍です。来年も是非。20170804_170817_0207.jpg

ということで、最後までご覧いただきありがとうございました!台湾初日は移動が大変でしたね。2日目からは写真も増えるのでお楽しみに。Part2以降もぜひご覧ください!

20170802通常会議

 

こんばんは。台湾帰りのとんぺー2年菅原です。

みなさんは夏休みが始まりましたが、楽しんでいますか?

この前の通常会議は前期の最終回でしたね。

遅ればせながら、その日の様子をここに書こうと思います。

 

IMG_7916

(テスト期間で忙しいため、集まりはちらほら。)

 

 

 

まずは、通常会議の最終回にひらかれた、アーキバトルのファイナルラウンドです。対戦するのはBチームののりえと、Aチームのくうるの二人。そしてテーマは、文化施設についてです!

 

先攻はのりえ

文化施設は、文化的な教育をする施設のこと。でも、それだけでしょうか?調べてみると、いろいろな定義が見つかります。図書館とか劇場とかホールとか博物館とか…なにがなんやら。国土交通省によると、文化施設の中には水族館も含まれるらしいです。

そこで、今回は千葉県の鴨川シーワールドの中にあるトロピカルアイランドについて調べてくれました。トロピカルアイランドは熱帯のサンゴ環礁を6つのエリアに区切り、再現した世界でも珍しい展示施設だそうです。(http://www.kamogawa-seaworld.jp/aquarium/area/tropical_island.html)

水族館建築の特徴は、動物を飼育するための展示の内側、つまり非公開のところと、お客さんが展示を楽しむ展示の外側、つまり公開されたところの二つに分かれています。順路の動線については、一筆書きできることが推奨されているそうで、実際に水族館の断面図を見てみると一目瞭然です。

水族館の展示にはテーマがあって、テーマを動線に従って展開してゆきます。動線と断面が一緒になると、まるで海中を歩くような水族館の動線が出来上がります。入口からまるで海にダイブするような感覚を得られるそうです。

 

IMG_7918

 

このトロピカルアイランドでは、断面図でも平面図でも立面図でもなくてまず展開図が先行して考えられました。これはかなり僕にとって驚き。

断面図は特徴的で、フジツボのような箇所が設けられています。これは採光のためのもので、テントのようなかたちをしています。この鴨川シーワールドの建物にはそれぞれテーマがあり、それぞれがテーマに沿って工夫を凝らした動線計画になっているそうです。それは例えば、階を下っていくと、そこには深海魚が展示されているとか。

展示されている魚たちのほかにも、動線について気にしながらここを歩いてみるのも面白そうですね。

 

後攻、くうる

文化施設は、堅苦しく言うと色々あって掴みづらいけれど、簡単に言えば定義が広くてざっくりしたもの。例えば仙台市体育館(http://www.spf-sendai.jp/scg/)や、僕らの根城、せんだいメディアテーク(http://www.smt.jp/)も分類上は文化施設に入ります。

その一、ヘイダル・アリエフ・センター。どこまでが床でどこまでが壁だかわからない、脱構築主義の女史、故ザハ・ハディッドによるよる建築です。立地は、アゼルバイジャンの首都バクー。高校のとき地理で習いましたが、すっかりどこだか忘れていました…(http://www.zaha-hadid.com/architecture/heydar-aliyev-centre/)

ヘイダル・アリエフ・センターというのは、アゼルバイジャンの前大統領の名前を冠して命名されたそうです。外面だけではなく、内部もやっぱりぐにゃぐにゃ。美術館や図書館、カンファレンスセンターなどが入っています。デザインだけじゃない、動線計画だって事務所スタッフが頑張って作っています。

 

IMG_7920

 

ザハ・ハディッドの建築がうねうねとしている理由は、敷地の空間を軸線からの引きで捉えて設計しているからだそう。そしてそれを捻じ曲げていくことで、デザインに昇華させるそうです。よくザハの建築は周囲から浮きすぎるというので景観を損ねるものだと批判をくらっていますが、ザハ的には、その造形こそが、その敷地にとって、最も適した造形なのだそうです。ザハの建築はお高く付きますが、それもやはり軸線を大事につくっている結果だから。

いやぁ、難しい話ですね。けれど、建築はとても奥深いものだと思いませんか?みなさんもこの夏休みをつかって建築旅行に行ったり、本を読んだりしてみて下さい。きっと世界が広くなりますよ。

 

その二、九州芸文館。この建物は、隈研吾と日建設計による共同設計です。(http://www.kyushu-geibun.jp/)

機能はオーソドックス。けれど、本館から飛び火したような位置にあるアネックスがデザイン的には目の付け所です。

 

ラスト、その三は、名取市文化会館。仙台空港アクセス線、杜せきのした駅からは歩いて8分のところにあります。とても身近にある建築なので、ぜひ足を運んでみたいですね。設計者は槙文彦さん。(http://bunka.natori.or.jp/)

ダイナミックな構成は、階下へゆくほど大きくなっていきます。ここでは毎年5月に、わくわくパヴィリオンというイベントが催されています。このイベントは仙台高等専門学校の研究室を主体として行われているそうですが…なんと、その実行委員長は会議の高専4年、大沼亮太郎!彼はそんなことをやっていたんですね。

名取市文化会館の空間について。各スペースの容積、その大小のバランスが、シークエンス(空間展開)を発生させます。大規模な動線がワクワクを生み、用途の決められていない空間は、様々なアクティビティを許してくれます。そこでは子供たちが遊び方を自主的に考え、遊ぶことができます。

わくわくパヴィリオンは、初年度は来場者700人でスタートしました。来場者数は、年々増加中!次は5000人、やがては10000人だ!と、亮太郎が大胆に抱負を語ってくれましたね。こちらもぜひ要チェックです!

 

投票の結果は、Aチームくうるの勝利!そして、全8回を通じて行われたアーキバトルの総合優勝もくうる率いるAチームの勝利となりました。

 

IMG_7921

 

アーキバトルにエントリーしたメンバーには、記念品として各自希望の書籍が贈呈されました。

 

IMG_7922

IMG_7926IMG_7925IMG_7924

IMG_7923

 

アーキバトル、良かったですね。1年生は建築を学んでいく上で、よき糸口になったのではないでしょうか。アーキバトルは2年生、3年生にとっても、まだまだ知らないことに巡り合える絶好の機会です。後期もアーキバトルは開かれるかもしれません。ぜひ次を期待しましょう。

 

 

 

お次の議題は、毎週恒例シムライブ!

今週も目が離せない、海外渡航中の志村さんのドタバタがメディアテークのスクリーンに映りました。度(旅)を重ねるごとに、どんどん編集技術も上がっているような気がしますね…

 

IMG_7928

 

以上、前期最後の活動でした。

次回、後期一発目の通常会議は10月2日に開かれます。忘れずに来てくださいね!

会議の活動としては、まだツアーやキャンプが残っています。夏休みだって、会議メンバーと顔を合わせることができます。これで寂しくないですね。

 

 

 

それではみなさん、夏休みを満喫しましょう!