20170125通常会議

こんにちは!今週のブログは宮城大学1年の渡邉桃が初めて書かせていただきます。遅くなってしまってすみません!

今回が1月最後の会議でした。早いですね!毎日寒いので、暖かいものを食べに行きたくなります。私は熱いものを食べると鼻水が止まらなくなってしまうので、友達とご飯に行くときはちょっと恥ずかしいです。

さて、今週の通常会議の内容はこちらです!

1.審査員勉強会(木下庸子さん、川島範久さん、浅子佳英さん)

2.Tシャツコンペ

3.各局mtg

4.諸連絡

 

まず始めは審査局による審査員勉強会です。

 

20170126115047_p

木下庸子さんについて発表をしてくれたのは、東北大学1年の達郎くんです!(暗くてほとんど見えませんが…すみません!)

木下さんはスタンフォード大学卒業後、ハーバード大学デザイン学部大学院を修了、設計事務所勤務などを経て、現在は設計組織ADH代表、工学院大学教授をされています。

建築作品については「NT」、「真壁伝承館」、「TK」の3つについて紹介してくれました!

その中の一つ、「NT」について少しご紹介します。

 

20170126115042_p

NTの特徴のひとつは、浴室前の通路空間を利用した「オープンワードローブ」です。

私はワードローブがなんのことか知らなかったのですが、衣装棚のことだそうです。

そしてこの「オープンワードローブ」は何かというと、なんと洗濯物干し場とクローゼットの役割をどちらも担っているのです。洗濯した服をここに干して、乾いたらそこから取って着るという、洗濯物を干しっぱなしで大丈夫なワードローブなのだそうです。家事が楽になりますね!

このように通路空間を利用し、住まいの合理化、家事の効率化を図った住まいがNTです。忙しい家庭には助かりますね!

 

20170126115049_p

木下さんの経歴や著書、作品などについて、大学生Tくんと比較をしながらわかりやすく説明してくれた達郎くんでした!彼にはおもしろセンスを感じます。

 

続いて、川島範久さんの発表をしてくれたのは東北大学1年の淳史くんです!

 

20170126115039_p

川島さんは東京大学卒業、同大学院修士課程修了後、日建設計勤務などを経て、現在はARTENVARCH共同主宰、東京工業大学建築学専攻助教をされています。

ARTENVARCHとは、「ART(アート)」、「ENVIRONMENT(環境)」、「ARCHITECTURE(建築)」の統合を意味しているそうです。

「a seed hair salon」、「Diagonal Boxes」、「SONY CITY OSAKI」の3つの作品について紹介してくれました!

この中から、「a seed hair salon」について紹介したいと思います。

 

20170126115037_p

光を充満させた雲のような天井が特徴のヘアサロンです。布と白く塗られた天井の間で光が反射を繰り返すので、屋外にいるかのような明るい天井になるのだそうです。

20170126115035_p

さらにカットスペースの各所に温度センサーがあり、温度によって照明の色相がリアルタイムで変化するんです!ワーオ。

なので、寒がりの人は暖かいところ、暑がりの人は涼しいところを選択して座ることができるのだそうです。オーロラみたいで素敵ですね…!

このような作品を生み出す川島さんはSDL2017でどのような審査をするのでしょうか?

20170125190453_p

川島さんが工学博士を取得されているということで、工学的な視点で審査をするのではないかという意見です。こんな風に審査員の着眼点を予想するのも面白いんですね。

 

そして、浅子佳英さんについての発表は東北大学2年の若奈さんです!

20170126115024_p

浅子さんは建築家でありインテリアデザイナーです。2007年にタカバンスタジオを設立し、現在は国士舘大学非常勤講師もされています。

文章をたくさん書かれている方だそうです。デザイン系が多く、ファッションに関係する文章も書かれています!Twitterもよく使われているみたいです。

20170126115025_p

浅子さんは、白く、軽く、小さく、透明感のある少女のような建築が多い近年を、「建築の少女時代」と表現しています。また、近年の建築はかわいくて個人主義、90年代頃までの建築は男性的で公共的であるともおっしゃっています。

20170125191831_p

SDL2016でどのような作品が評価されたのかを分析!

SDL2017で浅子さんがどのような審査をするのかについて若奈さんは、真摯にこれからの時代を考えた作品が浅子さんは好きそう・ベタで安直な案は通用しなさそうだと考えたそうです。ファッションと建築のように、デザイン的な視点から斬新な着眼点で審査されるかもしれませんね。

SDL2017の審査員をしていただく3人のことがよくわかる発表でした。ありがとうございました!次週2月1日の審査員勉強会は、千葉学さん、谷尻誠さん、豊田啓介さんの予定です。楽しみですね!

 

続いて、Tシャツコンペです。

3つに絞られた案の中から、いよいよ1つのデザインに決まります…!

圭さん、ぐっさんさん、志村さんがそれぞれもう一度デザインに込めた思いを発表しました。

20170126115015_p

20170126115019_p

20170125210139_p

同じポーズをしていますね。

今回の投票は1人1票です。どのデザインも良くて、とても迷いました…!!

 

投票の結果、選ばれたのは志村さんが圭さんをリスペクトして制作したTシャツでした!

20170125210137_p

表が圭さんのデザイン、裏が志村さんのデザインです。素敵ですね!出来上がりが楽しみです。

 

次に各局mtgです。

20170126115004_p

テストや課題で忙しい時期なので、ちょっと人が少なかったかもしれません。

この後各局進捗を報告して、諸連絡で終了しました。

20170125203130_p

カメラに笑顔を向けてくださった真田さんとすいかさん!

スマホの画質が悪いのでふわっとしていますが、美肌効果だと思ってください。

 

次週の会議は2月1日です。ついに2月!SDL本番に向けてますます気合を入れていきましょう!

 

広告

2017111通常会議

 

お疲れ様です。みなさま長らく大変お待たせいたしました、更新が遅くなってしまいすいませんでした。今回は東北大学一年の村川達郎が新年一発目のブログを担当させていただきます。至らぬところが多々ありますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

新年第一回目の会議は寒波の影響で雪がちらつきみんな頬を赤く染めて急ぎ足でメディアテークに駆け込んでいたようでした。センター試験も近づき図書館で勉強している学生たちもどこかそわそわしているようで、去年のセンター試験からもう一か月がたったのかと時の進む速さに驚いています。そんな中開かれた通常会議の内容は以下の通りです。

 

1アーキバトル

Tシャツコンペ

3オープニング映像鑑賞会

4各局ミーティング

5諸連絡

 

まず初めにアーキバトルをしました。テーマは”光と建築”。このお題に二人の学生はどのように向き合ってきたのか、戦いの様子を少し覗いてみましょうか。

先攻は二年武井理帆さん。笑顔がチャーミングな宮城大二年の学生さんです。当日は声がカラカラで正直最初話した時は何を言っているかわかりませんでした。(武井さんすいません。)

img_2142

さて彼女が取り上げたテーマは”テキスタイルデザイン”。ててててきすたいる?なにそれ?高級なタイルのこと?そんな状態だった僕でも彼女の発表を聞いた後には、なんということでしょう、テキスタイル博士になってしまったではありませんか。

彼女の発表によるとテキスタイルとは織物や染め物などのことで日本にはテキスタイルデザイナーというテキスタイル=ファブリックをデザインする人がいるそうです。

今回の発表では安東陽子さんが紹介されていました。また彼女の発表の中でも特に目立っていたのは”グローブ”です。ぐぐぐぐろーぶ?なにそれ?地球?そんな状態だった僕でも彼女の発表を聞いた後には、なん、、、すいませんでした。グローブ(傘という意味だそうです)とはポリエステルの布でできており上のほうが換気口になっており換気計画が達成されているそうです。 なんとグローブにより50%も節電効果があるそうです。

またグローブは空間と身体との中間的な空間要素となる役割をになっており、そもそものグローブの目的はカーテンが作る予測不能なムラにより不安定な要素を生み出すことだそうです。

 

 

後攻は遠藤空瑠。仙台高等専門学校4年のさわやかハンサムボーイです。かれのテーマは”建築家たちの光”についてです。建築とは切っても切り離すことができない光。今回彼は有名建築家たちが光についてどのように考えているのか調査し、解釈していました。

s__1376444

取り上げた建築家は谷尻誠さん、藤本壮介さん、安藤忠雄さんでした。発表後には質問が飛び交い”空瑠の光のとらえ方はどんなものか”など興味深い質問も投げかけられ、空瑠は『安藤忠雄の光は対象物であるという考えには共感する、それでこそ建築だ。しかし安藤忠雄はただ見るものとしての光を表面的にとらえているだけではないか。安易に光を空間化してはいけない。見せるだけではだめだ。光を見る対象物として扱いながらも高次元の空間へ、設計へ生かしていくべきだ。』と言っていました。

とても参考になる話でこういう話が聞けたときに僕は会議に入っていてよかったなと実感します。

 

投票の結果僅差で武井理帆さんが勝利しました。新年最初の会議から接戦が見れてよかったです。

 

 

次はTシャツコンペでした。なんと7人もの人が有志でデザインを考えてきてくれました。それぞれがTシャツに込めた意味や思いを発表し、みんながそれぞれいいと思うものを2つ選んでいき投票しました。

s__1376446

僕もこれぞと思うものに投票しました。投票の結果、、、志村さん、ぐっさんさん、圭さんの案が採用されました。この3つの案から最終的に1つに絞っていきます。Tシャツはどれも完成度が高くどれが選ばれてもおかしくない出来でした!!僕も来年自分のTシャツをデザインしてみたいです。

 

次はオープニング映像鑑賞会です。大会本番で出展者たちが開会時に見ることになるオープニング映像を先に会議の人たちで鑑賞しました。開会式にふさわしいできで思わず見入ってしまい、写真を撮るのを忘れてしまいました。(笑)すいませんでした。皆さんもぜひ大会本番を楽しみにしておいてください。

 

各局ミーティングはどの局も盛り上がっていて、2か月後のSDL本番に向け着実に準備を進めていました。

 

残りSDL本番まで2か月を切りました。皆さん頑張っていきましょう!!

20161221通常会議

遅ればせながらこんにちは、東北大学2年の中谷圭佑がお送りいたします。

2016年最後の通常会議でした!!!時間の流れは早いですな。。。

さて、通常会議の内容は以下の通りです。

 

1.課題発表 東北工業大学2年

2.Tシャツコンペ

3.各局mtg

4.各局進捗

5.諸連絡

 

はじめに課題発表会をしました、まずは東北工業大学2年の龍之介。

img_4920

東北工業大学の今期の設計は集合住宅ということで、集合住宅の暗いイメージを払拭出来るような明るく画期的な住宅を考えたそうです。

ブロック化した居住空間や木、ベンチを巧み配置して居心地の良い空間を作り、 カフェを設置することでコミュニティを広げ活気が生むことを考えたそうです。

集合住宅は僕ら東北大学の2年生もこの先ぶち当たる設計課題なのでとても参考になりました。

 

続いて 同じく東北工業大学2年の哲哉。

IMG_4926.jpg

こちらは設計課題とはまた別の、東北工業大学内で開かれた木造住宅コンペに出した作品です。

見晴らしのいい家ということで、2階にLDKを配置してプライバシーを守り、どのような家族にも対応しながら、登り張り工法を採用することによって広々とした空間を作ったそうです。

なにより実際に生活している人を想像して作られた精密な模型が圧巻でした!

なんとコンペでは1位を獲得、3月に着工し、7月には販売開始 するそうです!すごい!!!

 

 

課題発表会の後は年明けに開催するTシャツコンペについての説明がありました。

まずはデザイン局の3年生の悠さんによるTシャツレクチャーから。

img_4929

 SDL2017の大会運営スタッフとして自分たちが着ることになるTシャツをデザインするにあたって、より深くTシャツについて知るところからはじめようということでまずは長い長いTシャツの歴史について…..

(時間の都合により割愛されました)

会議のメンバーたちの考えたTシャツデザインが楽しみです!年明け111日の通常会議にこうご期待!

 

各局mtgも2016年最後ということで、いよいよ目前に迫ってきたSDL2017に向けてどの局も気合を入れて頑張っております。

img_4932img_4937

 

 

最後に毎年恒例、光のページェント前で集合写真を撮りました!!!

 

 

3

 

2016年お疲れ様でした。

2017年も頑張っていきましょう。

 

それではみなさん、よいお年を!!!!!

 

 

 

20161207通常会議

 

こんにちは。今週のブログを担当する東北学院大学2年矢吹聡也です。

今週の通常会議の内容は以下の通りです。

 

1.課題発表 東北大学2年、宮城大学2年

2.各局mtg

3.諸連絡

 

始めに2年生の課題発表をしました。

最初の発表者は東北大学2年中谷圭佑です。

 

中谷の模型は完成度の高い奇抜なものだったので皆興味津々でした。

img_4201

東北大学の今期の設計は「西公園に光のギャラリー」ということで、光に溶け込み、光の差し込みを利用した建築です。

コンセプトの アートから建築へ がよく感じられ、質疑応答が飛び交う充実した時間でした。

 

中谷は課題を取り組むにあたり、目の前の先生に対してではなく、より大きなもの(世界)に向けたそうです。

設計に対する意識の高さを感じることができ、現在設計中の僕にはとても良い刺激になりました。

 

 

次に東北大学2年小杉直大の発表です。

小杉も中谷と同じく光のギャラリーの課題ですが、闇に焦点をあてた設計でした。

光のギャラリーと言われたら、どのように光を建築に落とし込むかを考えがちですが、闇をテーマにした建築は斬新で魅せられました。

 

建築とは要素の乗算という小杉の考えから視覚的情報を排除し、斜めの面で構成されたギャラリーは、からだで感じる、からだに訴えかけるような建築でした。

 

もし西公園にこの建築があったなら一度は訪れてみたくなるような建築です。

 

img_4200

 

最後に宮城大学2年泉智佳子です。

「茶室を通してつながる家」を発表しました。

 

茶室の無い地域に茶室を中心とした住宅を造り、地域の趣味を拡大するのが狙いだそうです。

中心にある茶室や各部屋まで土足で入れるよう設計していたので、地域の茶室としての形をうまく成していました。

 

茶室は吹き抜けになっていて、どこからでも感じられるとともに広く見せることができるのは工夫があって好評でした。

 

質疑応答では東北大学3年の亀谷さんの茶室に対する豊富な知識でより盛り上がりました。

茶室の理解と興味が深まった楽しい発表でした。

 

 

課題発表の後は、各局mtg・諸連絡と終了しました。

SDL本番が近づいているのでどの局も忙しそうですね。

 

雪が降り始め、寒くなってきましたが頑張っていきましょう!

以上、通常会議でした。

 

20161130 通常会議

こんにちは!今週のブログを担当させていただきます、宮城大学2年の泉智佳子です。

なんと驚くことに今日で11月も最終日!

今年も残すところあと1ヶ月になってしまいました。あっという間ですね…

残り1ヶ月の2016年も全力で駆け抜けて行きましょう!

さて、今週の通常会議は

1.アーキバトル(学校建築)

2.各局mtg

3.諸連絡

でお送りしました。

アーキバトルもいよいよ後半戦!

今日からのバトルが結果を左右することになります…!!

今週のテーマは『学校建築』。

私たち、学生にとって学校はなくてはならない存在です、その学校にはどんなものがあるのでしょうか。

今回のアーキバトルも熱い戦いが繰り広げられましたよ〜

先攻はBuyoの宮城大学一年、菅原徳恵ちゃん!

日本の学校と海外の学校の違いについて語ってくれました。

img_3382

同じ小学校でも、制度から作り、空間の使い方まで日本と海外では全く違うそうです。

例えば、日本では当たり前のように行われる春の一大行事、入学式。なんと、これも海外では行われていないそうです!

また、国内の学校といえば矩形が多く、採光を考慮して南側に教室が配置されると、ある程度決まった型になっていますが、海外では建築基準がゆるいため様々な形があるそうです!

色使いも黄色、緑、赤、青などカラフル!

しかし、このカラフルな壁面も子供を成長させる鍵を秘めているそうです。

このようなスタイルになった背景には、

過去の経済情勢や性善説・性悪説といった昔からの教えが影響しているんだとか、、、!

ちなみに、のりえちゃん本人は

子供が毎日くるのが楽しくなるような欧米スタイルを取り入れた学校建築をしたいそうです!

後攻は、仁屋のりょーたろう!

埼玉県にある、笠原小学校について話したくれました。

img_3385

この小学校、何かに見えませんか??

……そうです、竜宮城に見えてきますね!

地域の方から竜宮城と呼ばれている

宮代町立笠原小学校。

設計者は象設計集団。

敷地調査だけで1年近くも現場に足を運ぶそうです、熱意がすごいですね!

この小学校、作りが竜宮城のように面白いだけではありません。

なんと、校内をはだしで生活しているのです!

雪の日も!雨の日も!!

自然を感じながら成長するという教育カリキュラムがあるそうです。

この小学校はサイトだけでなく、地域の人との交流の場としても利用されています。

豊かで独特なコミュニティの形成を目的に作られました。

今回の勝者は、仁屋のりょーたろうでした!

次回からは、アーキバトルを一度お休みにして各大学の課題発表会になります。お互いの課題を見れるのが楽しみですね!

各局mtgでは、今週も様々な進捗が見受けられました。

差し入れもいただき、みんな嬉しそうです。

そろそろヒカペが始まる時期です、

会議の行き帰りに見るのが楽しみですね!

それでは、また来週。

20161123通常会議

こんにちは!

今週のブログ担当は宮城学院女子大学2年の石原静佳です。

 

今回の通常会議は

1.メール設定について

2.畠山直哉さんの「まっぷたつの風景」見学

3.各局mtg

4.諸連絡

でお送りしました!

 

メール設定は、事務局のゆうかちゃんが説明してくれましたよ!

20161123%e4%b8%80%e6%a2%9d%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%8b%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

(白の服を着ているのがゆうかちゃんデス。おしゃれでかわいいデス。)

学生会議は外部の人とも連絡をたくさん取り合います。そのため、メール設定を行いきちんと連絡が取れるようにしています。

学生会議内でも連絡が取りやすくなっています!

 

 

このあとは、ちょっと違った通常会議となりました!

今せんだいメディアテーク6階で行われている展示会、畠山直哉さんの「まっぷたつの風景」を見学しました。

20161123%e8%a6%8b%e5%ad%a61

21061123%e8%a6%8b%e5%ad%a62

畠山さんは岩手県の陸前高田のご出身で、震災以降は月に一度は陸前高田に行き写真を撮っているそうです。5年以上ずっと欠かさずに、、

陸前高田を撮ったコンタクトシートは35mの長さとなっていました。つくえはコンタクトシートのサイズ・枚数を考えつくられたそうです。照明も反射しない角度を計算したそうです。

20161123%e8%a6%8b%e5%ad%a64

この他にも展示においてのたくさんの工夫を教えてもらい、見せ方やレイアウトの勉強となりました!SDLの展示や今後の課題などに生かせるといいですね!

これからは、作品を見るというだけでなく、裏方の仕事がどういうものかを考えながらみると新しい何かがうまれるかもしれません!

まだまだ開催中の展示会ですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

見学会のあと、各局mtg・諸連絡と終了しました。

祝日でしたが思ったよりたくさんの人が集まりました!

SDL2017に向けて、1人1人の意識が高まっているのかなと思います。

これからもこの調子で頑張ります!!

20161109 通常会議

こんばんは!今週のブログ担当の仙台高等専門学校5年星幸乃です。

なんと今日は仙台で雪がちらついていました!

街中にはクリスマスツリーがちらほら・・・もう冬ですね。

 

さて、今週の通常会議の内容は以下の通りです。

1.アーキバトル(テーマ:商業建築)智弥くん VS 琢哉さん

2.各局ミーティング

3.諸連絡

 

まずはアーキバトルについて。今回のテーマは「商業建築」です。

発表してくれたのはこのお二人!!

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab

商業のための建築は世の中にたくさんありますが、二人とも建築学生ならではの切り口で熱弁してくれました。

 

先攻の智弥くんが取り上げたのはホテル施設について。

ホテルにも様々なスタイルがあり、なかなか取り上げにくい建築物ですが、

実はそうした施設から街の構成が見えたり時代変化が見えてきたリするようです。

 

インパクトのある外観の理由には広告物が出せないことや、その時代に流行しているデザインが現れているとのこと。

建築のデザインにはいろいろな理由が隠されていることに気づきました。

 

後攻の琢哉さんは、有名建築家が手掛けたショップについて、農業用品の展示と販売を行っている

「桝屋本店(建築家平田晃久さん設計)」を例にお話ししてくれました。

%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%81%95%e3%82%93

(PowerPointの調子が悪くても、持っている資料を駆使して素晴らしいプレゼンをする琢哉さん。)

この農業用品を取り扱うショップは、三角形に切り取られた壁によって空間が仕切られており、隣の空間や奥の空間が見え隠れし、来店者にインパクトのある空間体験を与えるのだとか。

 

商業建築では、そうした空間的体験と展示および販売する場店としての顔(外観)の3つの要素でお金を動かしているのだと琢哉さんは語ってくれました。

 

対決の結果は琢哉さんの勝利!!具体的な作品をもってプレゼンをしてくれたことと、不利な条件でも聞き手を引き付けた部分が勝敗を分けたように思います。

%e5%90%84%e5%b1%80

各局ミーティングでは、着々と「せんだいデザインリーグ2017」に向けた話し合いが進められています!

日に日に緊張感が増してきているように思います・・・!

 

それでは、来週の学生会議の活動もお楽しみに。