台湾ツアーPart2

皆さんこんにちは!宮城学院女子大学2年菊森香奈です!
今回は台湾IEAGDツアーPart2です!

3日目(8/10)

朝に皆で「卒業設計國際特展 2019」の大会会場となる羅東文化工場に行きました。
建築物や展示物を各自自由に見てから、皆と台湾料理を食べました!

夕方ら夜にかけてグランドレビューが開催されました!!
言葉の壁は大きかったけれど通訳をしていただいたのでわかりやすく、作品のコンセプトや意図を聞くことで多くのことを学ぶことができました。半屋外空間が会場となっていたため、空の色もだんだん変わっていくため、時間の流れを自然と感じることのできる空間と思いました。

グランドレビューのあとは、GRATの皆と一緒に夜ごはんを食べて交流しました!
台湾料理を食べて、GRATの人と英語を使って会話することができ仲良くすることができました。
毎日朝から夜まで暑い日が続きましたが、台風が接近していたことを忘れるくらいたのしむことができました!

5日目(8/11)

5日目の朝もみんなと歩いて、大会会場である羅東文化工場に行きました。
建物内に展示されている出展者の卒業設計作品を見て学ぶことができました。
また、施設内のいくつかの場所で行われているPK戦を各自自由に見学しました。
出展者や先生の意見や考えを聞くことで、自分自身もより建築を追求していきたいと感じました。


午後からは台湾の人たちと一緒にバスで建築ツアーに行きました!
まずはお墓に行きました。形から日本のお墓とは違っているため、新鮮でした。

次に、橋を見に行きました。カーブになっている橋は珍しいと思いました!
さらに、橋の下に行き近くで構造を見ることができ貴重な体験をしたと感じました。

3か所目は、日本の建築とは違う建物を見に行きました。
周辺環境となじむように建てられているため、勉強になりました!
「新建築」に掲載られている橋にもいきました。橋の途中にある休憩スペースには、いすやシーソーがあって楽しむことができたとともに、下が見えているためスリルがありました!



以上!建築について多くのことを学ぶことができた充実した2日間でした!
最後まで見ていただきありがとうございます!
次回のPart3で最後なのでぜひ楽しみに待っていてください!
それでは!また会いましょう!

広告

投稿者: 仙台建築都市学生会議

仙台建築都市学生会議(通称:学生会議)とは仙台を中心に建築を学ぶ有志の学生(学部1~3年)が、大学の枠を超えて集まり、せんだいメディアテークを拠点に活動している建築学生団体です。主な活動として、設計のスキル向上のためのテーマ設計や即日設計、勉強会、レクチャー、建築イベントなどを行っており、毎年3月には、「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」をせんだいメディアテークと共同で開催しています。2001年のせんだいメディアテーク開館を機に設立されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中