20180613通常会議

こんにちは!最近は寒暖の差が激しく毎朝の服装選びに奮闘しています。

今回の通常会議は記念すべき第10回目ですね!

一方で、今回担当させて頂くのは東北工大二年の佐々木拓海です。

本日の議題は

1 模型WSミーティング

2 アーキバトル第二戦×2

3 各局ミーティング

4 諸連絡

の4本立てです!

 

まずは模型WSミーティングから!

各班それぞれが力を合わせて一つの模型を作るため、日程調整や設計の計画について討論をしていました。皆で力を合わせて一つのことに夢中になるのはとても楽しいですね!

IMG_6246.JPG

 

次にアーキバトル第二戦×2です。

前半は『自然と建築』がテーマのもと、Dチーム対Bチームが熱戦を繰り広げました!

 

 

先行はDチームの佐山ゆうかさん!IMG_6250.JPG

ゆうかさんは建築の中でも窓に着目しました。

様々な窓の形態が取り上げられましたが、中でもヴェネツィアの宗教色を感じられる窓に魅力を感じました。ヴェネツィアは『水の都』として、歴史的な街並みが有名な観光都市。中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄え、キリスト教世界でも屈指の都市国家であったこともあり、どこか宗教色を感じさせる窓のデザインが多く見られるとのこと。IMG_6311.JPG

光は人間の生活に必要不可欠であり、建物の中に光を取り入れるために『窓』を用いる。同じ用途のものでも生活習慣や気候、文化によって大きく異なることを教えてくれました。

 

後攻はBチームの水野雄大さん!

自然と調和する建築に着目しました!

建築物は周辺の環境との繋がりが大切で、切っても切れない関係とのこと。

それを踏まえた上で自然との調和の点で問題が発生したらどうなるかIMG_6315.JPG

こちらは楳図かずおさんの自邸『まことちゃんハウス』です。赤と白のストライプに楳図さんの作品のキャラクターをイメージした赤の円塔が屋根に取り付けられているのが特徴的。この建築物に対し近隣住民は『色彩の暴力であり形の暴力』と景観の調和を乱すと訴えてくるという事件が起きました。

 

IMG_6313.JPG

こちらはかの有名な建築家 安藤忠雄が設計した『水の教会』です。目の前に広がる水、そこに空と森と大地が映り込む。視界そのものを建築としています。さらにはL字型の壁に仕切られた敷地内、四方をガラスで囲まれた空間、そこに降り注ぐ光を浴びながら周りを見渡せば、全方位に大自然の風景が広がるとのこと。これこそまさに自然と調和する建築にぴったりだと思います!

 

そして互いのプレゼンは終了しました。その結果は、、、Bチーム 水野雄大さんの勝利でした!

 

後半は色と建築がテーマのもとAチームとCチームが熱戦を繰り広げました

 

先行はAチーム今野琢音さん!

ファザード(建築物の正面部分)のマテリアルについて調べました。IMG_6317.jpg

こちらはコールテン鋼といい、いかにも弱そうでサビのついた材料とのこと(笑)

本来鉄は錆びるため、その表面に塗装をして錆を防ぐのが一般的ですが、コールテン鋼は錆で錆を防ぐという一見矛盾した方法を生み出しました。IMG_6319.JPG

こちらは塩釜市にある阿部仁史が設計した菅野美術館です。こちらもおなじみコールテン鋼を使用しておりエンボス加工を施すことによってインパクトのある外壁を作り出しています。空の青と大地の緑に挟まれた錆の色は独特な雰囲気を醸し出しています。

 

次は後攻チーム西野竜樹さん!

色を二次元的仕上げではなく、三次元空間を形つくる一番大事な要素として捉えることに着目しました。

IMG_6323.JPG

まずはこのかた、建築家でデザイナーのエマニュエル・ムホーさん、1996年より東京を拠点に活動するムホーは、東京の「色」と街並みが持つ複雑なレイヤーと、日本の伝統的な「仕切り」から着想を得て、色で空間を仕切る「色切/shikiri」をコンセプトに、様々なプロジェクトを手がけています。

IMG_6322.JPG

これは表参道ヒルズにエマニュエル・ムホーさんが生み出した色鮮やかなクリスマスツリー『100色のクリスマスツリーの森』です。紙製のツリーが柔らかい光を奏でる光景は、見る場所や角度、時間によって無限の色合いを表し、見る人それぞれに様々な感情を思い起こさせます。

 

さて、勝負の結果ですが、、、僅差でAチーム今野琢音さんの勝利です!

みなさん、熱いプレゼンをありがとうございました!

 

お次は各局ミーティングです。そろそろ一年生の局配属決めが近いことから局紹介だけでなく、一年生も混ぜてこれからの局ごとの仕事をどうするかなどの話し合いになりました!各局新たに一年生が入ることで、より会議全体が盛り上がりそうですね

 

最後に諸連絡です。

台湾のツアーに行きたい人は6月27日までにパスポートの発行をお願いしますとのことです!

あと、局配属についてですが、友達と局が別れたからといって、会議では別々になるわけではないので安心してください

 

今週の会議も充実した内容でしたね!設計や課題が忙しい中、メディアテークにくるのが大変ですが、会議に参加することで建築に対する意識が高まると思いますので、ぜひ毎週水曜日はメディアテークにおいでくださいませ

ご精読ありがとうございました!

広告

20180604通常会議

こんにちは!きちんと日焼け止めを塗っているのに何の効果もなく最近どんどん黒くなる、東北大学2年の竹谷亮平です。

本日の議題は…

1模型WS各班mtg

2お散歩企画発表

3台湾について

4アーキバトル第一回戦

5各局mtg

6所連絡

です!盛りだくさんの内容ですね!

 

最初は模型WS各班mtgです!

各班少しずつ模型の製作が進んでいるようです。模型の製作を通して、建築への興味や班員同士の仲を深められるとよいですね!

 

次に、お散歩企画の発表です。

be-8Ezj8 (2)

各班のお散歩コースや発表内容は…

2班のお散歩コースは、定禅寺通りケヤキ並木や国分町と一番街、東北大学公済病院、春日町THE6、春日町公園、スパイスアートなどをめぐったそうです!

1班3班の合同班のお散歩コースは、宮城県美術館や絵本の引き出し林明子原画展、国際センター、広瀬川 、錦町公園などをめぐったそうです!

4班はカフェ巡りというテーマを設定してお散歩をしました!行ったところは、メロンドゥメロン、宮城県美術館、ニハチ喫茶、カフェMozart Atelirなどです!

5班は広瀬川で散歩をしたのちに、なんとBBQを行っていました!もはやお散歩企画の枠を超えた活動ですが、とても楽しそうな様子が伝わってきます!
1年生が中心となって今回の発表を行ってくれました。1年生お疲れ様でした!

 

次は、台湾についてです。メディア局の小松拓斗さんがプレゼンしました。

仙台建築都市学生会議では、毎年夏休みの初めに3泊4日程度の日程で台湾ツアーを行っています。台湾ツアーでは台湾で行われる卒業設計国際展IEAGDを見学しに行きます。IEAGDとは、 台湾、香港、シンガポール、日本のそれぞれの国から優秀な卒業設計の作品を集め、審査している大会です。 その大会の運営を行っているGRATいう団体と学生会議が交流があり、建築を学ぶもの同士、交流を深めつつ、お互いの大会運営も良いものにしていこうということで、お互いの大会運営を見学し合っています!そのほかにも、有名な観光地に行くことができます! 昨年は千と千尋の神隠しのモデルになったといわれる九份に行ったそうです!かかるお金は海外旅行としてはとても安いので、気になった人は気軽に参加してみてはいかがでしょうか!

 

次に、アーキバトルです。本日は、AチームvsBチームとCチームvsDチームの試合が行われました!

まずはAチームvsBチームです。テーマは環境と建築です。

先行はAチームの大沼亮太郎さんです。

亮太郎さんはテーマに対して、周辺環境とどう向き合うか、環境とは対象物を取り巻き、関係を持つ全てであると考えました。

そのなかで、一つの建築が都市の環境に大きな影響を与えた建築の代表例として、ビルバオ・グッゲンハイム美術館を紹介してくれました。フランク・ゲーリーが設計したこの建物ができたとき、街は劣悪な環境でしたが、美術館ができたことをきっかけに街の整備が進み、結果的に美術館一つで都市環境は良好なものに改善されました!!

後攻はBチームの石津光さんです。

石津さんは環境問題と建築について考える、ものは生まれ変わるという観点から、今回はゴミ問題について、建築はどう向き合うかということを考えました。

石津さんは2つのゴミ建築(ゴミで作られたってことです!笑)を紹介してくれました。1つ目はマイケルレノイルズが設計した、アースシップ(プロジェクト名)という建物です。壁材に中に土を詰めたタイヤを用いることで、構造的に安全で保温効果が高くなり、隙間に空き缶とセメントを入れて、そこにわらを入れた土を塗りこむ工夫をすることで、その効果を高めています!2つ目はワットパーマハーチェディゲーオという建物で、ビール瓶150万本をリユースして、そのまま建築材料としてしまった驚きの建物です!ただ、作った人が建築に専門的な人ではなく、よく見てみると構造的に不安定なところや、すでに劣化して破損しているところもあるそうです。 

さて、試合の結果は…Bチームの石津さんの勝利です! 

次に、CチームvsDチームです。テーマは、国別の建築です。

先行はCチームの米谷知樹さんです。

米谷さんは世界の国々の中で、特にアジアの建築について考えました。アジアの中で建築的に有名なものが多いのは日本で、日本の毛利美術館や国立競技場を紹介しました。最近は日本以外にも、中国や東南アジアでの建設ラッシュなどで面白い建築が増えているそうで、中国の中央電視台本部ビルや蘭陽博物館など最近できた建物を紹介しました!ヨーロッパ建築にはないアジア独特の無骨さが魅力的だといえます!

後攻はDチームの山口丈二さんです。

 

山口さんは西洋の建築を各国ごとにたくさん紹介してくれました。ギリシャのパルテノン神殿や、イタリアのピサの大聖堂、ミラノ大聖堂、フランスのノートルダム大聖堂やサクレクール寺院、スペインのサグラダファミリアなど、さまざまな国の建築を一挙に集めて、特徴について考えていました。山口さんは、西洋の国々は一貫した伝統は少なく、比較してみると日本のほうが建築的な伝統はあるのではないかと考えてくれました!!

さて、試合の結果は…Cチームの米谷さんの勝利です!

 

次は、各局mtgです。先週までの一年生に向けての局紹介や勧誘とは異なり、SDLに向けての話し合いとなりました!久しぶりの各局mtgで、もうすでに来年のSDLに向けての準備が進められていることが実感できます。

 

さて、今週は盛りだくさんの内容でしたが、どれも充実した内容でした!これから梅雨の時期になり、メディアテークに来るのが大変な日もあるかもしれませんが、毎週多くの人が参加できると良いですね!!

ではまた来週の会議で!

20180530 通常会議

みなさんこんにちは。東北学院大学2年高橋和真です。よろしくお願いします。

今日の議題の流れです。
1.BEAVER(外部組織)
2.ハウスレクチャー
3.模型作りWS グループmtg
4.各局mtg
5.諸連絡

一番はじめに、BEAVERという外部組織に関しての説明でした。BEAVERと仙台建築都市学生会議で提携していこうということで、みんなLINE登録をしました。建築学生にとってとてもためになる情報が入り、さらに今後建築に関してのイベントを開いてくださるそうです。07DE43E0-FB64-4584-A8DA-BD3A689C4769

続いてハウスレクチャーについてです。みんなでハウスレクチャーに呼びたい人を話し合いました。1年生は建築家の名前がほとんど分からない人もいましたが、先輩が名前をどんどんあげてくれたお陰で名前を覚えることができ、勉強になったのではないでしょうか。

次に模型ワークショップのグループミーティングをしました。もうすでに作業に取り掛かってる班がほとんどで、今後の日程調整が話し合いのほとんどでした。2.3年生は徐々に1年生の名前も覚え、打ち解けているようにみえました。

グループミーティングの次に各局ミーティングをしました。1年生が気になる局をまわって話を聞いていました。どこの局が人気なのかとても気になります。1025CF52-62A7-4319-8327-204141F31008

今週はイベントでスポーツ大会も行われます。1年生だけでなく2.3年生も仲良くなれるチャンスです。怪我をしないよう楽しみましょう。ちなみに僕は行けないです…。