SDL2018

こんにちは!新年度が始まりましたね。

担当の宮学2年の千葉江里子、阿部優風、工大2年の田中俊太郎です。よろしくお願いします。

遅くなってしまいましたが今回のブログでは、SDL2018を振り返りたいと思います。

設営期間

2/28-3/2

朝早くからメディアテークに集合です。

それぞれのグループ、団結して会場を作り上げていきます。何もなかった会場が三日間かけてどんどんSDLらしくなっていきます。体力的にきつい作業でもありましたが、声を掛け合い頑張り切りました。また、梱包日本一を決めるために推薦された梱包をみんなで議論しあう時間などもありました。

Image_4a711b7.jpgImage_75a6800.jpgImage_dc0c0cc.jpg

予選

2018年3月3日(土)

予選審査では、全作品を対象に投票方式のの審査を行い、その結果をもとにセミファイナル進出の100作品を選出します。

11:00から予選審査が開始されました。

Image_9ec0ca9.jpgImage_942e49e.jpgImage_0d5d213.jpgImage_08d7559.jpg

セミファイナル

2018年3月4日(日)

セミファイナルでは、予選審査で選び抜かれた100作品を対象に投票方式の審査を行い、その結果をもとにディスカッションを経てファイナル(公開審査)進出10作品を選出します。

写真は、セリの様子ですね!

選び抜かれたポートフォリオを床に並べて意見が交わされていきます。笑い声が聞こえる場面もありました。

 

Image_30ce465.jpgImage_0f2b4c5.jpg

ファイナル(公開審査)

2018年3月4日(日) 15:00-20:00

ファイナリスト10組によるプレゼンテーション、審査員とファイナリストとのディスカッションを経て日本一を決定します。

漂う緊張感、SDL2018のクライマックスですね!

 

日本一

360 渡辺 顕人 工学院大学
architecture to life

日本二

168 高橋 万里江 東京都市大学
建物語 -物語の空間化-

日本三

36 谷繁 玲央 東京大学
住宅構法の詩学 -The poetics of Construction for industrialized houses made in 1970’s-
特別賞

227 柳沼 明日香  日本大学
モヤイの航海-塩から始まる島の未来-

115 平井 未央 日本女子大学

縁の下のまち -基礎から導く私有公用-

予選結果(100⇒10)

36 谷繁 玲央 東京大学
住宅構法の詩学 -The poetics of Construction for industrialized houses made in 1970’s-

115 平井 未央 日本女子大学
縁の下のまち -基礎から導く私有公用-

177 櫻井 友美  千葉工業大学
防災地区ターザン計画 -吉阪隆正にみる「スキ」のある建築の研究-

227 柳沼 明日香  日本大学
モヤイの航海-塩から始まる島の未来-

118 山口 大輝  近畿大学
ファサードの転回による都市風景の再編計画

330 笹谷 匠生  関西大学
話くわっちぃ -ウチナーヤマトゥグチの世界から顕れるくらし-

253 松本 悠以  滋賀県立大学
死離滅裂 -死者と自然と生きる都市-

168 高橋 万里江 東京都市大学
建物語 -物語の空間化-

360 渡辺 顕人 工学院大学
architecture to life

363 山本 黎 明治大学
嶽 -富士山をリノベーションする-

 という結果でした。
私は、結果が決まる直前の渡辺顕人さんのコメントが心に残っています。

Image_8ecfa1a.jpg Image_6867c3b.jpg

展示期間

2018年3月5日-11日

展示期間についての紹介です!
せんだいメディアテークの5階と6階にて全ての作品を展示していました。四方八方、見渡す限りの作品は2フロア合わせて340作品!どれも非常によく作り込まれていて圧巻でした。

 

また、6階ではSDLスタッフによるカフェがオープンしていました!とても美味しいマフィンや可愛らしいコースターや栞、カレンダーが売られており、過去のポートフォリオを見ることができました。imageImage_7a3e79cエスキス塾では先生方とより近い距離で発言や議論を行っており、出展者の方々の思いや熱量を強く感じられました。参考になり、また刺激を受けることが出来た講評会でした!

展示期間中の受付の様子です!

交代で警備もしました!先輩との仲睦まじい様子も見受けられますね!笑

搬出作業

2018年 3月12-14日

撤収作業についてです!
この作業は出展いただいた作品を元の箱に同じように梱包して送る作業になります!Image_69b0c54Image_851fc4e梱包作業中です!
出展いただいたことに感謝を込めて梱包いたしました!

また、会場を引き渡すため使用した階の掃除を行いました。
最後には会場も全て片付けて元通り!
少し寂しいですがこれにて無事終了です。Image_51e23bcそして、3月15日に行われた大反省会ではSDL2018での反省点や改善点について話し合いました。メンバー全員が意見を共有し、活発な議論をすることが出来ました。大反省会での話し合いを糧にSDL2019へ向けてさらに奮闘していきたいと思います!Image_cc6b90a皆さまお疲れさまでした!

広告

投稿者: 仙台建築都市学生会議

仙台建築都市学生会議(通称:学生会議)とは仙台を中心に建築を学ぶ有志の学生(学部1~3年)が、大学の枠を超えて集まり、せんだいメディアテークを拠点に活動している建築学生団体です。主な活動として、設計のスキル向上のためのテーマ設計や即日設計、勉強会、レクチャー、建築イベントなどを行っており、毎年3月には、「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」をせんだいメディアテークと共同で開催しています。2001年のせんだいメディアテーク開館を機に設立されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中