20171115 通常会議

こんにちは!

今回のブログを担当させていただきます。宮城学院女子大学一年の千葉江里子です。

– 今週の会議内容 –

1. アーキバトル

2.各局ミーティング

3.諸連絡

後期、第一回戦となるアーキバトルのテーマ は、「建築と自然」です。

先行は Cチームの千史さん。

千史さんは、岩タイプ、草タイプ、水タイプに分けて自然と混じり合った建築を紹介してくださりました。

IMG_8912.JPG

岩タイプからは、”Chelebi Cave House”を取り上げていました。アンティークな家具にこだわってインテリアを仕上げているそうです。ただ、砂が上から落ちてくるという難点も。一度宿泊してみたい建築でした。

草タイプからは、“The Dune House”を取り上げていました。元々、設計者であるwilliam Morganさんの自宅からの風景を壊さないように作られたそうです。見た目がかわいらしく、自然に溶け込んでいるだけではなく、建物が土に覆われているので年中快適な室温のようです。

水タイプからは、”Floating House”を取り上げていました。なんと1戸3億1000万円にもかかわらず60戸すべてが完売したそうです。流石、ドバイですね。そんなことはさておき、こちらの建築は、人口サンゴ礁プロジェクトを目的に建てられているそうです。人はサンゴ礁の美しさを楽しみ、サンゴ礁は快適な環境を人に管理される。お互いにとって良い建築だと感じました。

(ゼニガメ好きな私はゼニガメの画像が出るたびにウキウキしました。)

後攻は、Aチームのしゅんちゃんです。

IMG_8916.JPG

都会でも豊かに自然と共存した3つの建築を紹介してくれました。

1つ目は、大阪のなんばパークス。曲線が美しく、ジブリのラピュタを思い浮かべてしまう建築でした。

2つ目は、ミラノの垂直の森。日本の集合住宅にも、ベランダで垂直の森ほどのたくさんの植物を育てることが可能なものがあったら素敵だなと思いました。

3つ目は、アクロス福岡。今回紹介してくれた中で最も自然を取り込んでいるのではないかと思う建築でした。それはもう山でした。

両者とも魅力的な建築を発表してくださりました。

結果は、千史さんの勝利でした!

各局ミーティングの前に総合資格学院の方々がいらしてくださいました。そして、沢山のお菓子をいただきました!ありがとうございます。私はサッポロポテトをいただきました。皆さんは何をいただいたのでしょうか?

各局ミーティングは、いただいたお菓子を囲んで和やかにSDLに向けての準備をしました!

進捗状況は以下の通りです。

IMG_8920.JPG

素敵なスマイルありがとうございます!

それでは、また来週水曜日にお会いしましょう!

 

広告

投稿者: 仙台建築都市学生会議

仙台建築都市学生会議(通称:学生会議)とは仙台を中心に建築を学ぶ有志の学生(学部1~3年)が、大学の枠を超えて集まり、せんだいメディアテークを拠点に活動している建築学生団体です。主な活動として、設計のスキル向上のためのテーマ設計や即日設計、勉強会、レクチャー、建築イベントなどを行っており、毎年3月には、「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」をせんだいメディアテークと共同で開催しています。2001年のせんだいメディアテーク開館を機に設立されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中