20161207通常会議

 

こんにちは。今週のブログを担当する東北学院大学2年矢吹聡也です。

今週の通常会議の内容は以下の通りです。

 

1.課題発表 東北大学2年、宮城大学2年

2.各局mtg

3.諸連絡

 

始めに2年生の課題発表をしました。

最初の発表者は東北大学2年中谷圭佑です。

 

中谷の模型は完成度の高い奇抜なものだったので皆興味津々でした。

img_4201

東北大学の今期の設計は「西公園に光のギャラリー」ということで、光に溶け込み、光の差し込みを利用した建築です。

コンセプトの アートから建築へ がよく感じられ、質疑応答が飛び交う充実した時間でした。

 

中谷は課題を取り組むにあたり、目の前の先生に対してではなく、より大きなもの(世界)に向けたそうです。

設計に対する意識の高さを感じることができ、現在設計中の僕にはとても良い刺激になりました。

 

 

次に東北大学2年小杉直大の発表です。

小杉も中谷と同じく光のギャラリーの課題ですが、闇に焦点をあてた設計でした。

光のギャラリーと言われたら、どのように光を建築に落とし込むかを考えがちですが、闇をテーマにした建築は斬新で魅せられました。

 

建築とは要素の乗算という小杉の考えから視覚的情報を排除し、斜めの面で構成されたギャラリーは、からだで感じる、からだに訴えかけるような建築でした。

 

もし西公園にこの建築があったなら一度は訪れてみたくなるような建築です。

 

img_4200

 

最後に宮城大学2年泉智佳子です。

「茶室を通してつながる家」を発表しました。

 

茶室の無い地域に茶室を中心とした住宅を造り、地域の趣味を拡大するのが狙いだそうです。

中心にある茶室や各部屋まで土足で入れるよう設計していたので、地域の茶室としての形をうまく成していました。

 

茶室は吹き抜けになっていて、どこからでも感じられるとともに広く見せることができるのは工夫があって好評でした。

 

質疑応答では東北大学3年の亀谷さんの茶室に対する豊富な知識でより盛り上がりました。

茶室の理解と興味が深まった楽しい発表でした。

 

 

課題発表の後は、各局mtg・諸連絡と終了しました。

SDL本番が近づいているのでどの局も忙しそうですね。

 

雪が降り始め、寒くなってきましたが頑張っていきましょう!

以上、通常会議でした。

 

投稿者: 仙台建築都市学生会議

仙台建築都市学生会議(通称:学生会議)とは仙台を中心に建築を学ぶ有志の学生(学部1~3年)が、大学の枠を超えて集まり、せんだいメディアテークを拠点に活動している建築学生団体です。主な活動として、設計のスキル向上のためのテーマ設計や即日設計、勉強会、レクチャー、建築イベントなどを行っており、毎年3月には、「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」をせんだいメディアテークと共同で開催しています。2001年のせんだいメディアテーク開館を機に設立されました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中